社長
メッセージ

就活生の皆さんへ、
「東急ハンズが大切にしていること」
についてお伝えします。

これからの東急ハンズを
一緒につくっていきましょう。
木村 成一
SEIICHI KIMURA
代表取締役社長

1981年東急不動産株式会社に入社。1993年に株式会社東急ハンズに出向。出向後は長期にわたって店舗開発を担当し、多数の店舗の立ち上げに関わった。2017年4月より、代表取締役社長に就任。

“五感で体感する店舗”
それが東急ハンズです。

東急ハンズは1976年創業以来、常に新しいことにチャレンジし、お客様に新鮮な驚きと楽しさを提供してまいりました。そのチャレンジスピリットは今でも当社の社風として息づいており、お店はもとより、お店以外の場所でも他社とのコラボレーション事業や海外事業などに生かされています。
昨今は、東急ハンズに限らず、業界全体の流れとしてECサイトの拡大が続いています。インターネットで商品の売買が完結する、そのような消費行動は今後も大きくなっていくでしょう。しかし、私はリアル店舗がなくなることはありえないと確信しています。商品を見て触って、スタッフと会話をし、商品の魅力を五感で体感できる。それはECサイトでは出来ないことですし、これこそがリアル店舗の価値だと考えています。そのためには、店頭に立ち寄っていただけるような、五感に訴える売場づくりを常に行っていかなければならないと考えています。その一方で、ECとリアル店舗との融合をはかり、トータルで東急ハンズの魅力を高めていきたいと思っています。

「ハンズらしさ」は、
ひとつではない。

東急ハンズといえば、広い売り場にたくさんの商品が置いてある…お客様のみならず、我々スタッフの間でもそんなイメージが過去、長いことありました。大型店舗こそがすべてのお客様に応えられる品揃えができる、という考えに縛られていたのです。そのため、ずいぶん長い間、小規模店舗の出店をお断りしていましたが、多方面から出店のご要望をいただくにつれ、「果たして、お客様が東急ハンズに求めているものは何か」ということを深く考えるようになりました。
確かに、広い売り場や商品の多さは、東急ハンズの強みであり魅力です。ですが「ハンズらしさ」とは、幅広い品揃えもさることながら、商品への驚きやワクワク感を提供し続けることだと考え、自身が店舗開発を担当している時に小型店の出店を企画しました。いかにお客様のニーズに答え、ソリューションを提供できるか。それが出来ていれば、売り場の面積には関係なく「東急ハンズ」だと思うのです。

スタッフが働きやすい環境を
つくることも、私の仕事です。

新宿店に置いてある商品数、どのくらいあるかご存知ですか。
実は約14万種程あり、各々の在庫が10個とすると約140万個の商品が常に店にあることになります。ところが、一年経つと約半数は新商品に入れ替わります。商品数が多く、売り場の変化が大きいということは、現場力がないと売り場の新鮮さは保てません。幸いにも東急ハンズは「ハンズが好き!」というスタッフに支えられています。「ES(従業員満足)なくしてCS(お客様満足)なし」という言葉があるように、スタッフが楽しくいきいきと働くことが出来るようにならないと、お店づくりやお客様へのサービス力も上がっていかない。そんなスタッフ達がいきいきと働くことが出来る環境を作ること、それも私の仕事だと思っています。
例えば新宿店で導入したセミセルフレジもその一つです。以前はレジでお客様をお待たせする状況が続いていましたが、セミセルフレジを導入することにより長い行列を解消することができ、お客様の待ち時間を解消すると同時に、結果スタッフの負担を減らすことにもつながりました。
また、制度面に関しては、働きやすさを一番に考えて充実させています。例えば、最近は子育てをしながら時短勤務を行うスタッフが増えましたので、時短勤務が出来る年数については、小学校6年生までの時期と長期化することでより安心して働くことができると思います。
こうした現場への支援を続けていくことで、更にスタッフがお客様に目を向けられるようにしていきたいと思います。
そうすれば東急ハンズの「ハンズらしさ」がもっと磨かれていくと考えています。

「東急ハンズって面白そう」
その気持ちがあれば、ぜひハンズへ!

スマホで何でも解決できる便利な世の中になりましたが、実は、アナログの良さを感じることなく成長している人も多いのではないでしょうか。リアルな現場には貴重な情報があふれていますし、現場でしか知りえないことがたくさんあります。商品の取り扱い数や面白さ、お客様の多様性…東急ハンズには様々な魅力があります。そういうところに興味を持っていただけたら、ぜひ応募をしてください。東急ハンズはこれからもどんどん変化をしていきます。もっと東急ハンズを好きになってもらえるような仕掛けをたくさんつくり、皆さんをお待ちしています。