社員
紹介

仕事のやりがいや
これまでのキャリアなどについて、
東急ハンズで活躍する3名の社員に
インタビューしました。

ずっと同じ会社とは思えないくらい、
いろんなプロフェッショナルになれます。
北田 純子
JUNKO KITADA
新宿店
新商品開発アシスタントバイヤー
2007年新卒入社

夢中になって仕事を続けたら、
自然と世界観が広がった。

いろいろな商品を知り、いろいろな職種を経験してみたい。就職活動をしていた頃、そう考えて選んだのが東急ハンズでした。10年以上たった今、当時の選択は自分に合っていたと実感しています。これまでに担当した商品は、化粧品、健康用品、トラベル用品、クリスマス等の季節商品など。担当した役割も、フロアスタッフ、チームリーダー、販売促進、アシスタントバイヤーなど多岐にわたります。本当に飽きることがありません。担当業務が変わるたびにイチから覚えることは多いですが、それもまた自分の世界が広がって楽しい。ある意味、ひとつの会社にいながら、5回くらい違う会社に勤めた気分です。それに、フロアでの経験が店舗管理で活かせるし、またフロアに戻ったときに違った視点で見ることもできる。一見関係ないようにも見える複数のスキルを、積み上げていけるのも楽しいです。

新しいポジションは不安もある。
でも、それ以上に
大きなやりがいがある。

目の前の仕事を一生懸命がんばっていると、その都度、新しいポジションを任されることがあります。現在の部署に異動したときもそう。バイヤー業務は初めてでしたが、これまでの経験を活かせることも多く見つけられ、日々のやりがいを感じています。
今の部署は、全店の商品を仕入れる本部のバイヤーと異なり、商品数が多い大型店舗向けの商材を探します。導入店舗が少ないので小規模な商品も仕入れが可能。中には、会社規模は小さくても、世の中の課題を解決したいと本気で考えているビジョナリーな会社の方とも接点が持てます。そんな会社の担当者から熱い想いを聞き、実際に店頭でお客様に伝えて喜んでいただけると、とても嬉しく思います。

今は、子ども中心の生活。
将来的に、
また新しいことに挑戦したい。

東急ハンズは、女性がたくさん活躍している会社でもあります。それを特に実感したのは入社9年目。妊娠し、お腹が少し大きくなってきたときのこと。当時、北千住店にいましたが、同僚からものすごくサポートしてもらったんです。たとえば、バックヤードから売り場へ品出しする際、重たいものを運ぼうとすると、先輩や後輩からすぐに制止される(笑)。「そういう仕事は私たちに任せて!」と。産休育休から復帰したときもそう。それまで18時半に退社していたのが、時短勤務で16時半退社となり、毎日が時間との闘いでした。私が忙しそうにしていると、周りの同僚が声をかけてくれました。「もう時間だよ、引き継ぐから教えて!」と。制度があるのはもちろんですが、周囲からのサポートがとても有難かったです。現在は、子ども中心の生活を大切にしていますが、将来的には、また仕事をバリバリできたらいいですね。新しいことに挑戦して、いま以上に活躍できる日々を楽しみにしています。

キャリアステップ

東急ハンズは、
女性が活躍できる会社でもあります。

北田 純子 /店舗管理部門/2007年新卒入社

産休育休などの制度があることはもちろん、復帰後に同僚が温かく迎え入れてくれたこと、ものすごくサポートしてくれたことが有り難かったです。周囲の協力があるからこそ働けるのだと、身を持って知りました。