人と仕事について|ハンズ ビー武蔵小杉店/店長ハンズ ビー武蔵小杉店/店長

会社全体を俯瞰し、未来のハンズのためにベストを尽くす
会社全体を俯瞰し、
未来のハンズのためにベストを尽くす
寺尾 尚子 1998年入社
ハンズ ビー武蔵小杉店/店長
文理学部 史学科卒

「どんなことでも、なんとかできる」。店舗勤務のキャリアが長いからこそのモットーかもしれません。どんなに忙しくても、どんなに大きな失敗をしたとしても、次の日になれば店舗は開店し、スタッフはお客さまを接客します。そんな日々を続けてきた経験もあり、大概のことはなんとかしてしまう能力が身に付きました。

小型店舗だからこそ感じる大きなやりがいと苦労があります

現在私は「専門店事業部」に所属し、管理職として小型専門店「ハンズ ビー」の武蔵小杉店で店長職の役割を担っています。ご存知の方もいるとは思いますが、ハンズ ビーの店舗は東急ハンズとは異なる部分が多く、雑貨屋のような品揃え、コンパクトな店舗規模、テナント出店などが特徴です。そして社員にとって何よりも魅力的なのは、店舗運営の自由度の高さだと思います。その店舗運営の責任をすべて背負っています。普段の店舗営業のオペレーションはもとより、地域性を考慮した商品の仕入れや狭い店内を活かした在庫管理、アルバイトスタッフの勤務管理など、「ヒト」と「モノ」のマネジメントを一手に担うやりがいを感じると同時に、その職域の広さをいかにカバーし、職務を全うしていくかが大きな課題であり、それを乗り越えることの難しさを肌で感じています。

「ヒト」のマネジメントスキルを向上させ、お客さまの声に応える店づくりを目指しています

ハンズ ビーの中でも常に売上上位を誇っている武蔵小杉店。お客さまにご評価いただいているのは大変喜ばしいことですが、運営スタッフとしての力量が試される場面も多く、勉強の日々を送っています。とくに「ヒト」のマネジメントに関しては、武蔵小杉店のような小型店舗では最も重要なスキルだと実感しています。

限られた人数で店舗を運営していくため、大型店と違ってレジ対応や商品説明、ご案内などのオペレーションに入る機会も多く、本来であれば店舗の販売計画や商品構成などを練り、店舗づくりのための時間を勤務時間内に設けたいところが、なかなか思うように行かないのが現状です。お客さまからはまだまだご意見をいただくことも多く、商品のラインナップの変更や店舗全体の接客力の向上などの必要があると感じています。そんなお客さまの声に応えるために重要だと考えているのが、契約社員とアルバイトスタッフのマネジメントです。

一緒に働くスタッフは、みんな自身の役割をしっかりと果たすことができています。ただ、効率よく働くという点に関して言えば、まだまだ上を目指すことができると感じています。自ら能動的に動くアルバイトスタッフや周りの人間をうまく巻き込み、仕事を効率化していく契約社員を増やしていきたい。そして、社員がいなくても自分たちで店舗を営業してくことができる人材へと育てていけたらと考えています。

管理職として、未来のハンズをつくる責任を背負っています

「ヒト」と「モノ」のマネジメントは、やりがいは大いにありますが、そう簡単なことではありません。現場で解決できることもあれば、本社の管理部門と協力し、商品の物流部分を見直したり、スタッフの研修内容を充実させたりしていかなければ、会社のさらなる成長が見込めないと感じる部分もあります。

東急ハンズに入社して15年以上が経ち、管理職となった今、店舗だけでなく、会社全体を意識して仕事をしていると、会社が抱えている課題が見えてきます。若手社員やみなさんのような若い世代の方には、大きな夢を持って働いてもらいたいと思います。そのためには、私のような立場の社員が、会社をどう良くしていくかを常に考えて行動に移していかなければならないと感じています。大きな夢を描き、元気の良さで乗り越えてきた若手社員の頃とは少し視点や働き方を変え、今のベストを尽くすことを目標に働いています。

キャリアパス

1998年4月 渋谷店 バラエティ
2002年4月 本社 総務部人事課
2008年10月 新宿店 ビューティー&ヘルスケア
2012年10月 ハンズ ビー ダイバーシティ東京プラザ店
2013年10月 ハンズ ビー 武蔵小杉店 管理職

人物相関図

MY OFF TIME

休みの日はスポーツ観戦や好きなアーティストのライブに行ったりして、気分転換をしています。連休が取れそうなときには、温泉など旅行に行って、その土地ならではのおいしいもので癒されています。この写真は友人と韓国旅行に行ったときに食べた“メロンパッピンス”というかき氷です。念願のスイーツの味は、それはもう格別でした。