ニュースリリース

JR西日本×京都水族館 共同開催 「京の夏の旅」40周年記念企画『発車オーライ梅小路!』 「東急ハンズ」監修による体験型鉄道展示ブースが登場!

2015.07.06

 
 
 株式会社東急ハンズ(新宿区新宿、代表取締役社長:吉浦 勝博)は、西日本旅客鉄道株式会社(大阪市北区、代表取締役社長:真鍋 精志)と京都水族館(京都市下京区、館長:下村 実)が協力のもと、2015年7月18日(土)~9月27日(日)に開催する、「鉄道」と「京の夏」をテーマにしたイベント『発車オーライ梅小路!』において、京都水族館内に設置する体験型鉄道展示ブースを監修することが決定しましたのでお知らせいたします。
 このイベントは、2016年春に予定されている京都鉄道博物館開業に向けた、梅小路公園周辺エリアの活性化を目的とし、京都市などが主催する「京の夏の旅」40周年を記念して行われ、京都水族館内で鉄道車両模型や盆栽風鉄道ジオラマ「盆ラマ」作品の展示、ワークショップなどを開催するものです。
 

発車オーライ梅小路!POP.jpgのサムネイル画像

鉄道展示ブースイメージパース.jpgのサムネイル画像
「東急ハンズ」監修による、体験型鉄道展示ブース イメージ
 
 
 当社はこの共同イベントにおいて、体験型鉄道展示ブースの監修を行い、「のぞいてみよう・のってみよう・くぐってみよう・すわってみよう・やってみよう」をコンセプトに、小さな鉄道が夏の京都をイメージした不思議な空間を走る様子を再現しました。立って上から眺めたり、ゆったりと座って眺めたり、また鉄道ファンにはたまらない!走る鉄道車両模型を同じ目線で間近に見たり、様々な角度から鑑賞できるように工夫を凝らしました。
 また、形や模様が鉄道車両を連想させる「ファイヤースパイニーイール」や「スポッテッドナイフフィッシュ」など、水族館ならではの、いきものの展示も加わり、これまでにない水族館と鉄道のコラボレーションが楽しめます。
 「京都鉄道博物館」開業に向けて賑わいを見せる梅小路公園内の「京都水族館」で開催される共同イベントに、ぜひご期待ください。
 
◇イベント詳細:京都水族館ホームページ ↓ 
 
 
■「東急ハンズ」監修の体験型鉄道展示ブースのみどころ
 (企画・デザイン:株式会社アワーカンパニー http://our.co.jp/
 
SL模型が走るジオラマ展示
 小さな鉄道が夏の京都をイメージした不思議な空間で走る様子を「のぞいてみよう・のってみよう・くぐってみよう・すわってみよう・やってみよう」というコンセプトのもと、実際に体を動かして体験できます。展示ブースには、中央に梅小路運転区所属のSL模型C56蒸気機関車が走る、幅約2.4m×奥行き1.6mのジオラマ展示台を設置し、下からもぐり込んで走る車両模型と同じ目線で鑑賞できます。
C56形蒸気機関車模型.jpg
ジオラマを走行する「C56蒸気機関車」
 
 
 ②盆栽風鉄道ジオラマ「盆ラマ」作品の展示
 鉄道ジオラマ作家、川上哲生氏が「京都鉄道博物館」と「京の夏」をテーマに樹木や草などを盆栽風に表現・制作した「盆ラマ」8作品を展示。展示台に高低差をつけることで、いろいろな角度から覗き込むことができます。

盆ラマ作品例.jpg

「盆ラマ」作品例
 
 
「盆ラマ」の制作体験ワークショップ開催
  鉄道ジオラマ作家の川上哲生氏による、制作体験ワークショップを実施します。
 ◇開催日:2015年7月19日(日)、8月17日(月)~21日(金)、24日(月)~28日(金)、31日(月)、9月5日(土)、12日(土)、19日(土)、20日(日)、26日(土)
 ◇場所:「発車オーライ梅小路!」イベント会場(1F大水槽横休憩コーナー内特設スペース)
 ◇参加費:1,000円(税込)※京都水族館への入場料は別途必要です
 ※申し込み、定員などの詳細は「京都水族館」ホームページをご確認ください。
  
~川上哲生(Tetsuo Kawakami)プロフィール~
 1965年11月19日生まれ。鉄道ジオラマ作家、鉄道絵画作家。
 2歳の頃に「蒸気機関車C55」を初めて見てから鉄道の魅力にとらわれ、独学で蒸気機関車などを描いた鉄道絵画を発表するなど、数々のメディアに取り上げられている。
 
③北陸本線歴代主要車両の模型展示(展示協力:KATO)
 車両模型展示では、共同イベントと同時期に開催中の『恐竜たちと水族館2015』において協力を得ている「福井県立恐竜博物館」のある北陸と関西を結ぶ北陸本線をテーマに、485系初期型雷鳥や、681系特急用交直流電車サンダーバードなど、北陸本線歴代主要車両の先頭車両模型10車両を、いろいろな角度から見ることができる展示になっています。
485系初期型「雷鳥」模型.JPG
485系初期型「雷鳥」の車両模型
 
 
④鉄道車両に形や模様が似たいきものを展示
 細長い体にとがった頭部が鉄道車両を連想させる「ファイヤースパイニーイール」や、体の模様が鉄道車両の窓に見える「スポッテッドナイフフィッシュ」などのいきものを展示します。
ファイヤースパイニーイール&スポッテッドナイフフィッシュ.jpg
左)ファイヤースパイニーイール、右)スポッテッドナイフフィッシュ
 
 
⑤イラストレーター「寺田晶子(Shoko Terata)」氏による壁面装飾
 本イベントにおいてイメージイラストを手掛ける寺田晶子氏による、梅小路周辺エリアをイメージしたイラストマップを、展示ブース壁面に特別装飾します。
東急ハンズ池袋30周年記念.jpg
イラストイメージ(東急ハンズ池袋店30周年記念イベント時の店内壁面装飾)
 
 
~寺田晶子(Shoko Terata)プロフィール~ http://shokoterata.com/
 茨城県生まれ。大学・大学院で建築設計を専攻し、卒業後、会社勤務を経て2008年よりフリーで活動。広告や雑誌、企業や店舗のビュジュアルイメージイラストなどを手掛ける。東急ハンズにおいては、池袋店開業30周年記念イベント時の店内壁面装飾や、銀座店で限定販売した、オリジナルマグカップのデザイン(銀座の街をイメージしたイラストマップ)などを手掛けた。
 
 
■その他
 「京都鉄道博物館」公式キャラクターデザイン投票BOX設置
京都5芸大(京都嵯峨芸術大学、京都市立芸術大学、京都精華大学、京都造形芸術大学、成安造形大学)の学生がデザインした「京都鉄道博物館」公式キャラクターの投票箱を設置します。投票に参加いただくことで、「京都鉄道博物館」開業に向けた期待感が高まります。
 
 
■京都水族館について
 2012年3月に開館した、日本で初めて人工海水を100%使用した、国内最大級の内陸型水族館。
「水と共につながる、いのち」をコンセプトとし、展示だけにとどまらず、ワークショップなどの体験プログラムを随時実施し、水と水に棲むいきものたちと親しみ、遊びながら学べる“総合エデュテインメント(※)型施設”を目指している。(※)エデュケーション+エンターテインメントの合成語
京都水族館ロゴ.png
 
■京都鉄道博物館について
 2016年春、開館予定。
「地域と歩む鉄道文化拠点」を基本コンセプトとし、地域と連携を図り、博物館自体も広く市民に受け入れられる「憩いの場」となることで、生涯学習の場としても地域社会に貢献し、地域とともに成長し続ける博物館となることを目指している。
 43年の長きに渡る歴史を持つ「梅小路蒸気機関車館」が閉館し、新しい鉄道博物館として誕生する。
鉄道博物館パース.png
「京都鉄道博物館」イメージ
 
 

 

 当社はこれまでに、マンションやリゾート施設の空間演出を手掛けており、昨シーズンには、株式会社東急リゾートサービスの運営するスキーリゾート「ハンターマウンテン塩原」において、エントランスモール全面リニューアルに携わり、全体のイメージづくりやMD計画、オリジナル商品の開発、ショッパーなどの販売資材製作の他、スタッフ育成なども実施した実績があります。
 また本年5月には、帝塚山大学、奈良・東生駒キャンパス(奈良市帝塚山)において、学生ラウンジのカフェへのリノベーション監修(今秋オープン予定)を行うなど、今後もこれまでに培ったノウハウを活用し、積極的に空間プロデュースを手掛けてまいります。
 
 
 
 
 

掲載内容は発表日時点での情報となるため、内容・販売価格等は現状と異なる場合がございますことをご了承ください。