「ハンズクラブ」にご入会いただくと、東急ハンズでのお買い物がもっとお得に、便利になります。年会費・入会金はもちろん無料で、店舗でもネットでも共通でポイントを貯めて使えます。
ハンズクラブ
店舗でもネットでも、東急ハンズ全店
共通でポイントを貯めて使えます。
ハンズクラブ
ハンズクラブアプリ
お買い物をもっと便利にする
ハンズのアプリをスタートしよう。
ハンズクラブアプリ
HANDS DO for members
ハンズにあるモノをもっと身近に、もっと深く、知りたい、触れてみたい。
HANDS DO for members
トピックス
閉じる
ヒントマガジン ヒントマガジン
暮らしを楽しむアイデアをご紹介
バイヤーマジ押し バイヤーマジ押し
バイヤーが本気でおすすめしたいグッズをご紹介
採用情報
閉じる
ヒトに、くらしに、ヒントを届ける。
東急ハンズでは、ヒント・スタッフを募集しています!
新卒採用
販売だけでなく、幅広いキャリアに挑戦できる"総合職"の募集です。
パートナー社員(契約社員)
全国の東急ハンズ・ハンズ ビーなど各店舗、各部署ごとの募集です。
アルバイト
全国の東急ハンズ・ハンズ ビーなど各店舗、各部署ごとの募集です。
キャリア採用
求める職種や業務内容により、一定のキャリアを持った方を募集。

スーツケースの伝道師が語る、
メッセのための
特別なスーツケースとは!?

突然ですが、あなたは東急ハンズに“スーツケースの伝道師”がいることをご存知でしょうか?今回はメッセのためにつくられた、ハンズオリジナルのスーツケースについて熱く語りたいとのことで、取材スタッフは彼の話を聞きにいくことにしました。

まずはこの動画をご覧あれ!!
スーツケースの伝道師より
スーツケースの伝道師の帰還
―スーツケースの伝道師こと佐藤さん、お久しぶりですね。
お久しぶりです!いやあ、今年もハンズメッセの時季がやってきましたね!
こちらが“スーツケースの伝道師”を自称する、チーフバイヤーの佐藤宏樹さん。 これまでの伝道師の活躍はヒントマガジンの連載記事をぜひご覧ください。
―この記事で“スーツケースの伝道師”を初めてお目にかかれる方もいらっしゃると思いますので、改めて自己紹介をお願いいたします。
わかりました!私、スーツケースやトラベルグッズなどのバイヤーをしています、佐藤と申します。中でもスーツケースがとても好きで、家にあるスーツケースは全部で13台。旅や暮らしを便利にし、彩りを与えてくれるスーツケースをもっと身近に感じてもらうために、スーツケースの伝道師としてさまざまな啓蒙活動を行っています。
―これだけ「スーツケース」というワードが頻出する自己紹介も珍しいですね。
ありがとうございます。
―褒めたつもりではなかったのですが…。ところで、今回は一体どのようなお話をしていただけるのですか?
冒頭の動画をご覧いただけた方はおわかりかと思いますが、今年もハンズメッセの一押し商品として、東急ハンズオリジナルのスーツケースをつくりました!スタッフの情熱がたくさん詰まった自慢のスーツケースですから、伝道師としてはご紹介しない訳にはいかないと思い、この場を設けさせていただいた次第です。
―なるほど。では、早速ご説明いただけますか?
その前に一つ言いたいことがあるんですが。
―ん?なんでしょうか?
冒頭の動画についてなんですけど、なんでところどころ早送りになってるんですか!?
―え…さあ…?
歴史に残りかねない名プレゼンテーションだったのに…!!
―思いの丈を詰め込みすぎて、初見のお客さまに引かれてしまうと判断されたのかもしれませんね。
傷つくので冷静な分析はやめてもらっていいですか。
―佐藤さんがかわいそうなので、せめて多くの方が動画をご覧いただけると嬉しいですね。
ええ、一人でも多くの方に…。それに、先ほど言ったようにこのスーツケースは多くのハンズスタッフの力を結集させて生まれたものですから、そういう意味でもぜひ詳しく、しっかりと魅力をお伝えする責任があるんです!!
伝道師による怒涛の解説が始まる
—では改めて、ご説明のほどよろしくお願いいたします。
承知いたしました!!…ということでね、今回ご紹介したいのはこちら!!
ジップ ①36L 9,900円+税/57L 10,900円/90L 11,900円+税
フレーム ②68L 14,900円+税/③91L 15,900円+税
フロントオープン ④35L 12,900円+税/⑤57L 14,900円+税
フロントドア ⑥35L 12,900円+税
―おお!これが今年のメッセのためのスーツケースなんですね…!
ええ、素敵でしょ!種類は「ジッパータイプ」、「フレームタイプ」、「フロントオープンタイプ」、そして今回のニューフェイス「横型フロントオープンタイプ」となっています。そしてカラーバリエーションはブラック、 ライトブルー、ディープブルー、シャンパンゴールド、レッド、イエローの6色です。
―すごいたくさんありますね!
そうなんです!では、特徴を一つひとつ解説していきたいと思います。まずは、このダイヤル式のストッパー。
―これ、ストッパーなんですね。
そう!一昨年までは従来のような足踏み式だったんですが、去年からこのダイヤル式にしてとても好評だったので、今回も継続してこの形となっています。
―ダイヤル式だと何が良いのですか?
立っている時も座っている時も気軽にロックのオンオフを切り替えられるのがこのタイプの良いところです。足踏み式は正直、ロックの切り替えを気軽にできるかは微妙なところで、結局かがんで手でロックするという方もいらっしゃいました。それをダイヤル式にすることで使いやすさがかなりアップし、特に女性のお客さまから喜びの声を多くいただきました。
―なぜ女性のお客さまからが多かったのでしょうか?
例えば混んでいる電車の中などといった、かがむのさえ難しい状況では、足踏み式だともうロックをすることを諦めざるを得ない時もあったと思うんです。ただ、女性の力だと重たいスーツケースが動かないように支えるのが辛いのは想像に難くないので、女性のお客さまからのお声が多かったのではないでしょうか。
―なるほど!なぜ一昨年よりも以前からダイヤル式にしなかったのですか?
痛いところをサクッと突いてこないで(笑)。ダイヤル式は足踏み式よりも生産コストがかかるので実装が難しいという事情があったのですが、スタッフたちの努力により実装することができたんですよ。このお値段でダイヤル式を採用しているのはなかなか珍しいと思います。
―涙ぐましい企業努力というやつですね。
そういうことですよ…!さて、続いてはこのキャスター。こちらはこの業界での雄、日乃本錠前が手がけた「グリスパックキャスター」という名品です。
―グリスパックキャスター?
キャスターの中に潤滑油が入っているので、なめらかな走行が可能になるんです。スーッとした走り心地はもうやみつきになること間違いナシですね!そして次にご注目いただきたいのがデザイン面です。
―どのカラーもとてもシンプルで洗練されている印象です。
お、ありがとうございます!今回はジッパー部分とキャリーバーの色をボディの色に合わせて変えているんですよ。そういう細かいところのデザインまでこだわったことによって統一感を生み、シンプルで洗練されている印象につながっているのかと思います。ちなみに、ジッパーの形もなめらかに開け閉めができるようにしているなど、隅々まで見直しています。そしてこの縦リブね!
―この線のことですね。
ええ、かつて私の連載でもご紹介しましたが、この縦リブは単なるデザインという訳ではなく、衝撃をやわらげる効果があるんです。しかも前面だけでなく側面にも抜かりなく入っているので、より強度がアップしています!
―どの面にも縦リブが入っていてカッコイイです。機能美というやつですね。
まさしく!あと、ボディにはあえて凸凹をつけてザラっとさせるエンボス加工を施しています。それにより傷がつきにくくなっているんです!
―そうなんですね!マットな仕上がりも落ち着いていて良いです!
でしょ!そして、よりマニアックな点なのですが、この下部の凹みにご注目ください。
―これは一体…?
こうすることによって、荷物を入れても底面がたゆまなくなるんですよ。これも強度アップにつながっています。
―へえ!本当に隅々までじっくり考え尽くされていますね、さすが!
嬉しい!もっと褒めて!
―……。
…さあ、ここまで外側のお話をしてきましたが、ここからは中面の話に移りましょう。こちらはわかりやすく一覧でご紹介しましょう。はい、ドン!
―わあ!中面も色々こだわりが詰まってそう!
まずは、クッションを内蔵しているのがポイントです。そうすることによって荷物を衝撃から守るんですね。これも今回のお値段で採用できたのはかなり頑張ったと思います。
―縦リブもたくさんだしクッションも入ってるし、とても安全・安心なスーツケースですね!
大事な荷物が旅先とかで壊れてしまったらたまったもんじゃないですからね!さあ、そしてこの仕切りにも注目です。これがあることによって中身が見えないので、空港やお店などでも気兼ねなくスーツケースを開けられるんですよ。ちなみにフレームタイプは片面だけでなく両面に仕切りが付いています。
―なるほど!
ここでクイズです。
―急にクイズ!?(連載記事の時もこんな流れがあったような…)。
先ほどの写真の右側、仕切りが付いていない方にはストライプ柄のバンドが付いていますね。このバンドがストライプ柄なのには理由があるのですが、さあ、それは一体何でしょうか?
―う〜ん……。
……。
―ええと…………。
……考えすぎでしょ、もういいよ(笑)!正解は、視認性が上がるからです。
―視認性…ですか?
ええ、特に海外のホテルなどでは部屋の照明が弱めだったりするので、暗い場所でも中身がわかりやすいようストライプ柄にしているんです。
―よく考えられている…!
さらに取り外しができるポーチも付けています。例えばここに貴重品を入れておいて、宿泊先に着いたらポーチを外して別の鞄にそのまま入れてすぐに出かけられます。ちなみにポーチのジッパーの色も細かく調整しているので、ぜひ店頭でチェックしてみてください。…ふう!
―どうしました?なんか疲れてません?
やはりハンズメッセなので、解説にもいつも以上に気合いが入ってしまって…!でもお伝えしたいことが残っているので、まだまだ頑張りますよ!!
―(ほんとアツいなあ…)。
今回の新モデル「横型フロントオープンタイプ」とは!?
―ところで、先ほど「横型フロントオープンタイプ」が今回の新商品とおっしゃっていましたが、これは一体どういう特徴があるのですか?
良い質問ですね。もはやメジャーになりつつあるフロントオープンタイプですが、多くは機内持ち込みサイズのみの展開だったんです。ただ、今回は57Lの中寸サイズもラインナップしています。
ポケットの開けやすさをキープするためにフロント部分をあえてハーフサイズに抑えたんですね。そうすることで、機内持ち込みサイズと同じ開けやすさのまま、マチが広いのでより気軽にたっぷり入れられるようになりました。
―ふむふむ。…ん?ちょっと待って、それ本当に「横型フロントオープンタイプ」の話ですか?
ああ、ごめん、通常のフロントオープンの大きめサイズの話をしちゃった。この話もしたかったのでついうっかり…。気をとりなおして、横型フロントオープンですが、このように開くようになっています。
―へえ!横型とはこういうことなんですね!
そう!このタイプの特徴は、従来のフロントオープンよりも荷物を整理して入れやすくなっている点です。例えば出張時にジャケットを畳んで入れたり、お土産がつぶれないように入れたりとか。また、中にはメッシュの仕切りが付いていて、荷物の大きさに合わせて取り外しができるようになっています。あとはフタが後ろに倒れず自立するようにもできるので、ビジネスホテルの狭いバゲッジスタンドで重宝します。
※撮影商品はサンプルのため、実際の商品とポケット部分の仕様が異なります
―なるほど!気軽に出し入れできるという特徴を活かしつつ、たくさんの荷物を効率的に入れられるようになっているのですね。
そうですね!また、このタイプはコスプレが趣味の方からの注目を集めています。限られたスペースでササッと着替えられるのが良いみたいですね。
―そうなんですね!
フロントオープンも多様化するニーズに合わせてさまざまなタイプが登場しているんですよ。横型フロントオープンタイプもきっとこれからメジャーになってくるんじゃないかと思います。
全国のスタッフたちの意見がこのスーツケースに詰まっている
―今回のスーツケースは多くのハンズスタッフたちの力を結集させて生まれたとのことですが、具体的にはどのような方々が関わっているのですか?
企画チーム」と「全国の店舗スタッフ」、そして私のような「バイヤー」です。それにお客さまからのご意見も参考にさせていただいています。
―どのようなスケジュールで出来上がっていったのですか?
昨年のメッセが終わってから、その反省会をまず行います。全国の店舗スタッフから集まった、接客時のフィードバックをもとに改善点を洗い出し、企画に反映。それをもとにメーカーさんにご依頼し、サンプルが出来上がるのが2〜3月になります。ちなみにご依頼しているメーカーさんは、hands+(ハンズプラス)のライトシリーズスーツケースの紹介記事でご登場いただいたトリオさんなんですよ。
―このスーツケースもやはり1年がかりでつくられているのですね。
その通り!そしてサンプルが出来上がったらスタッフたちで集まって細かい部分をどのように調整していくかを詰めていきます。全国の店舗スタッフが集まる勉強会も開催し、色合いに対する意見を話し合ったり、セールスポイントなどを共有していくんですよ。
―勉強会なんてあるんですね!
ハンズスタッフの力を結集させているというのはこういうことなんです。スーツケースに対してアツい連中が集まりますから、そりゃあ時には意見が衝突することだってありますよ。でも、いやむしろそういうことがあったからこそ、ここまでのクオリティにできたと思っています。
―確かにお話を聞いていると、これだけのこだわりが詰まってこの価格はとてもお買い得なんじゃないかと思ってきました。
いやね、コストパフォーマンスは本当に良いんです。これはもうホンマの話やねん。
―なんで急に関西弁なんですか。
いや先日、このスーツケースの勉強会のために関西に行ってきたからついつい。とにかく、年に一度きりのハンズメッセにふさわしいスーツケースに仕上がっていますから、自信を持っておすすめしたいと思います。
―多くの方にお買い求めいただけると嬉しいですね!
うん、ぜひ可愛がってあげてください!!
―可愛がる…?
そう!!これらのスーツケースは、私たちハンズスタッフによる情熱とやさしさをこれでもかと注ぎ込んだ、愛おしい子どものような存在ですからね!この子たちと一緒にさまざまな場所に出かけて、素敵な思い出をたくさんつくっていただけると、伝道師としては感涙ものです。
―なるほど、そういうことですね!!
また、ハンズにはスーツケースの他にも、スタッフたちが厳選したアツい商品がたくさんありますから、年に一度のお祭りをぜひ私たちと一緒にエンジョイしていただけると嬉しいです!!