「ハンズクラブ」にご入会いただくと、東急ハンズでのお買い物がもっとお得に、便利になります。年会費・入会金はもちろん無料で、店舗でもネットでも共通でポイントを貯めて使えます。
ハンズクラブ
店舗でもネットでも、東急ハンズ全店
共通でポイントを貯めて使えます。
ハンズクラブ
ハンズクラブアプリ
お買い物をもっと便利にする
ハンズのアプリをスタートしよう。
ハンズクラブアプリ
HANDS DO for members
ハンズにあるモノをもっと身近に、もっと深く、知りたい、触れてみたい。
HANDS DO for members
トピックス
閉じる
ヒントマガジン ヒントマガジン
暮らしを楽しむアイデアをご紹介
バイヤーマジ押し バイヤーマジ押し
バイヤーが本気でおすすめしたいグッズをご紹介
採用情報
閉じる
ヒトに、くらしに、ヒントを届ける。
東急ハンズでは、ヒント・スタッフを募集しています!
新卒採用
販売だけでなく、幅広いキャリアに挑戦できる"総合職"の募集です。
パートナー社員(契約社員)
全国の東急ハンズ・ハンズ ビーなど各店舗、各部署ごとの募集です。
アルバイト
全国の東急ハンズ・ハンズ ビーなど各店舗、各部署ごとの募集です。
キャリア採用
求める職種や業務内容により、一定のキャリアを持った方を募集。

裏側を知ればメッセが
もっと楽しくなる!?
ベテランと若手の本音トークを実行

年に一度のハンズメッセは、スタッフにとっても特別な存在。ここでは、ベテランスタッフと若手スタッフによる、メッセに対する本音トークをほぼノーカットでお届け。「お祭りのようなバーゲン」の舞台裏を知れば、メッセをもっと楽しめるはずです!

若手にとってもベテランにとっても
メッセはスリリング
―林さん、中野さん、本日はよろしくお願いします!
池袋店店長 林さん こちらこそよろしくお願いします!
お手柔らかにお願いします(笑)。
池袋若手スタッフ 中野さん よろしくお願いします!ちょっと緊張しますね…!
―お二人はハンズ歴はどのくらいなのですか?
池袋若手スタッフ 中野さん 私は今年で4年目です。
池袋店店長 林さん 私はもう34年目になりますね。入社して初めての配属先が、まだオープンする前の池袋店だったんですよ。開店準備スタッフとして勤めて、その翌年、無事に池袋店が開店したんです。それから複数の店舗に移り渡って、池袋店オープン30周年の年に店長として戻ってきました。
―池袋店の歩みとともにハンズのキャリアを積んできた林さんにとっては、もうハンズメッセも慣れたものですよね?
池袋店店長 林さん それが全然そんなことないんです。ベテランとしての威厳をここで示したいところですが(笑)。
―え、そうなのですか?
池袋店店長 林さん ハンズメッセは年に一度きりのバーゲンですが、言い方を変えれば、年に一度“しか”できないバーゲン だと思っていて。商品の選定から仕入れ、売り場づくりなど、スタッフはメッセのために文字通り全力投球しているので、年に何度もはできないほどの、気合いが入ったバーゲンだと自負しています。なので、どれほどキャリアを積んできても、メッセの準備は色んな意味でスリリングですし、終わった後はくたくたになります(笑)。その分、達成感もひとしおなんですけどね。
―それほどにエネルギーを費やしているのですね…!特に大変なのはどういう時ですか?
池袋店店長 林さん 直前準備でしょうか。メッセが始まる前日も池袋店は営業しているので、営業が終わってからメッセ仕様の売り場づくりを急ピッチで進めますから、この時間は正念場かなと思います。
池袋若手スタッフ 中野さん 私もそう思います。体力的にもそうですし、翌日から始まる本番がちゃんと上手くいくだろうかと気持ち的にも不安だったりもするので…。
―特に池袋店は広いので大変そう…。前日の営業が終わってから、一から売り場づくりをするのですか?
池袋店店長 林さん いえ、さすがにそうしていると本当に間に合わないので、店舗とは別の場所にある倉庫であらかじめ棚に商品を並べておくんです。
池袋若手スタッフ 中野さん 商品を並べてから大きなラップで棚ごとグルグル巻きにして、それをトラックで店舗まで運ぶのですが、入社して初めてのメッセで先輩たちがそうしているのを見てびっくりしました。まるごとラップで包んじゃうんだ、みたいな(笑)。そもそも棚づくりをあらかじめしていることも知りませんでしたし、思い返すと初メッセは驚きの連続でしたね。
―初メッセの時に失敗してしまったことはありましたか?
池袋若手スタッフ 中野さん 私は入社してからずっと3階のキッチン担当なのですが、初年度の私は自分の担当であるキッチンの商品情報しか把握していなかったんです。
―え?ご自身の担当商品をしっかり理解できていたのだから、何も問題なくないですか?
池袋若手スタッフ 中野さん 私もそう思っていたのですが、いざメッセが始まってみると、お客さまにキッチンではなく、ビューティ系の商品に関するご質問も数多くいただいたんです。なぜかと言うと、3階にはキッチンの他にもビューティ系の商品もあるからなんですね。
―あ、そうか!お客さまからすれば中野さんがキッチン担当かビューティ担当なのかわからないですもんね。
池袋若手スタッフ 中野さん そうなんですよ。それですごいあたふたしちゃって、お客さまにもスタッフの方々にもご迷惑をおかけしてしまったので、2年目以降は同じ3階の商品まできちんと把握するようにしています。
池袋店店長 林さん それに加えて、特に初日のメインはチラシの掲載品をお求めにいらっしゃるお客さまで、お問い合わせとしても「チラシのこの商品はどこにありますか?」といった内容が多いので、それらの商品は「何階にあって」、「どういうものなのか」を、スタッフ全員で理解するようにしています。掲載品はすぐに売り切れてしまうものも少なくないので、たとえ自分の担当外のものだとしても、お客さまのお目当ての場所へとスムーズにご案内するのはとても重要なことなんです。
エスカレーターから駆け上がって
くるお客さまに圧倒された新人時代
―林さんはこれまでのメッセ経験の中で印象的なことはございましたか?
池袋店店長 林さん ハンズメッセが全国的に実施されるようになったのが1986年なのですが、当時はなかなか「ハンズメッセ=バーゲン」だとわかっていただける方がおらず、まずはハンズメッセとは何なのかをお客さま一人ひとりにお伝えしていくのが大変でしたね。テレビCMも色々なパターンのものをつくってたくさん放映していましたし。ここ最近ではようやくメッセのことをご存知いただいている方も増えてきましたが、それでもまだ足りない部分もあります。なので、メッセ期間中は「バーゲン感」を演出するために、池袋店ではスタッフが半被を着て、メガホン片手にメッセのことを大声でアピールしています。中野も頑張って声出ししていますよ。
池袋若手スタッフ 中野さん 普段の接客時はそれほど声を張り上げることはないので、最初はちょっと恥ずかしいかもと思ったのですが、いざメッセを迎えると売り場の活気に後押しされて自然と声が出てくるんです。
―中野さんはこれまでのメッセで印象的なことはございましたか?
池袋若手スタッフ 中野さん 私はキッチンの商品選定から仕入れも担当しているのですが、お客さまから「去年欲しかったんだけど売り切れちゃってて…でも今年は買えてよかった」とおっしゃっていただけたのが嬉しかったですね。今年もなるべく多くのお客さまにお目当ての商品をご購入していただけるよう念入りに調整したいと思っています。
―メッセを心待ちにされているお客さまがたくさんいらっしゃいますもんね。
池袋若手スタッフ 中野さん あと、また初メッセの時の話になるんですけど、初日に開店したと同時にエスカレーターからお客さまがすごい勢いで上がってくるのを見て、その熱気に圧倒されましたし、お客さまの熱い期待に応えるべく頑張ろうとも思いました。
池袋店店長 林さん 初日は本当にすごいよね(笑)。あの売り場の雰囲気はまさにお祭りだと感じます。
池袋若手スタッフ 中野さん いつもの雰囲気と違うという点では、メッセ期間中は上司の皆さんがプリンやアイスなどの差し入れをたくさん持ってきてくれるんです。それを休憩時間にバックヤードで食べてエネルギーを充電し、また売り場に戻っていく感じも面白いです。
―売り場でも裏でもお祭りのような雰囲気が流れているのですね。今年で4回目を迎える中野さんですが、もし後輩にアドバイスをするとしたらどのようなことを伝えたいですか?
池袋若手スタッフ 中野さん これは私が先輩たちに実際に言われたことなのですが、「覚悟しておいたほうがいい」です(笑)。お客さまの期待値がとても高いので、いつも以上に気合いをいれなくてはいけません。あとは、メッセでは特に、お客さまの気持ちになって考えようと伝えたいです。例えば商品を棚に並べる時も、普段とメッセ時では並べ方が違うんですよ。
―どのように違うのですか?
池袋若手スタッフ 中野さん 普段ですと見栄えの良さも踏まえた上で適切な量の商品を並べますが、メッセの時はとにかくいかに多くの商品を積められるかが重視されます。お客さまとしては普段以上に「買おう」という気持ちが強いので、棚からすぐに商品がなくなってしまうのはとてもストレスになってしまいます。それを防ぐために、たとえ見栄えが多少悪くても商品をぎっしり並べるのが大事なんですよ。
池袋店店長 林さん それでも棚からなくなる時はなくなってしまうので、そういう時は仕入れ時に商品がもともと入っていた段ボールごと棚に置くこともありますよ。ゆっくり品出しをしている時間さえ、お客さまにとっても我々にとってももったいないですからね。
ハンズメッセには“ハンズらしさ”が溢れている
―お二人にとって、ずばりハンズメッセの魅力は何だと思いますか?
池袋店店長 林さん ハンズメッセはいわゆる人気商品だけでなく、ハンズらしいニッチなものだったり、遊び心のあるものもたくさんあって、それが他のセールとは大きく違うところかなと思います。正直、これは一体どういった方にニーズがあるのか、担当者レベルでないとわかりづらいようなマニア的商品もあったりして(笑)。あとは、特に池袋店などの大型店では顕著なのですが、店舗によって品揃えが違うんですよ。池袋店なら池袋店らしい、個性的なものをたくさんご用意しています。
―単に「安い」だけではなく、お買い物そのものの魅力を感じられるバーゲンなんですね!
池袋若手スタッフ 中野さん 私も店長と似ているのですが、良い意味でごちゃごちゃしている感じがハンズメッセの魅力かなと思います。良いものを安く、お得に買えるのもメッセの良さですが、店内を歩いているだけでたくさんの便利グッズやおもしろアイテムに出会えるのも大きな魅力だと思っていて。我々スタッフが一生懸命、そして楽しく考えたアイデアが売り場にはたくさんあるので、ぜひゆっくりお買い物をお楽しみいただけると嬉しいですね。
―なるほど!ちなみに、中野さんにこっそりお聞きしたいのですが、この場を借りて店長に対して何か言いたいことはありますか?
池袋店店長 林さん こっそりって何ですか、不平不満の類ですか、じゃあちょっと席を外そうかな(笑)
池袋若手スタッフ 中野さん (笑)。いえ、でもそういったことは本当にないですよ。私のような若手のアイデアもどんどん採用していただけるのでとてもやりがいを感じています。
―とても素晴らしいです。ね、林さん。
池袋店店長 林さん 中野、ナイス(笑)。
―では、最後にハンズメッセに対する意気込みやお客さまへのメッセージをお願いします。
池袋店店長 林さん チラシなどを見て欲しい商品があったとしたら、ぜひ、それを実際につかっている自分を想像していただくのがおすすめです。そうすることでワクワク感が生まれて、メッセの開催を待っている間も楽しめるようになるはずです。
―何を買おうかと想像している時も楽しいですよね。
池袋店店長 林さん そうそう。それで、メッセを通じてハンズで買い物をするのは面白いと思っていただけると嬉しいですね。
―ありがとうございます。中野さんはいかがですか?
池袋若手スタッフ 中野さん スタッフは1年がかりでメッセのための商品をご用意しているので、チラシに載せたくても載せられないくらい、たくさんのおすすめ商品があるんです。なので、決してチラシ掲載品だけがとっておきのものという訳ではなく、それ以外にもスペシャルなものはたくさんあるので、ぜひ店舗をじっくりまわりながら見つけていただければと思います。
池袋店店長 林さん お宝を発掘する探検隊みたいな気分になってね(笑)。
池袋若手スタッフ 中野さん まさにそんな感じですよね(笑)。
―スタッフならではの面白いお話をたくさんお聞きできました。ありがとうございました!
池袋店店長 林さん こちらこそありがとうございました。この記事をご覧になっているお客さまが一人でも多くご来店いただけるととても嬉しいです!
池袋若手スタッフ 中野さん たくさん声を出しながら皆さまのご来店をお待ちしています!