このたびの平成28年熊本地震により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復旧を重ねて心よりお祈り申し上げます。

東急ハンズ

お母さんになってよかった!母の日にもらってうれしかったモノを聞いてみました

お母さんになってよかった!母の日にもらってうれしかったモノを聞いてみました

いよいよ今年も母の日が近づいてきました。東急ハンズでも、Instagramキャンペーン「#母になってよかった」を開催中ですが、お母さん一人ひとりに、忘れられない母の日の思い出があると思います。そこで、社内で働くお母さんメンバーに、うれしかったモノや母の日のエピソードをリサーチしてみました。はたして、ハンズママたちが一番の思い出に選ぶのは?

30代、Aさんの場合:成長が実感できるモノ

04haha_01.jpg

6歳と3歳の娘さんを持つAさんは、子どもたちが保育園で作ってくるモノがうれしいとのこと。
「似顔絵や手紙は、年々絵や言葉が上手になっていくので、子どもたちの成長を実感しますね。また、手形や足形でつくった絵なども、その時の手や足の大きさでしかつくれないモノなので、成長の証として大切にしています」
確かに、母にとって子どもたちの成長は何よりの喜び。毎年の母の日を楽しみにしているママの顔が目に浮かびます!

40代、Bさんの場合:母を思う気持ちが何よりうれしい

04haha_02.jpg

40代のBさんの娘さんは今19歳。その娘さんが10歳の時にくれたギフトが忘れられないといいます。
「その時もらったのは、手作りの小さなフェルトのアクセサリーと、メッセージ付の板チョコ。特にアクセサリーは、針を使えるようになったことと、いつも持っていて欲しいという気持ちが感じられたことがうれしかったですね。板チョコも普段私が好きなモノを覚えていてくれたようで、この年以降は毎年くれるようになりました。本人は、準備が簡単でいい、なんて考えているようですけど(笑)。」
9年たった今でも覚えている…そんなプレゼントがあるなんてステキ!今年の母の日も、きっと板チョコで母娘の絆を確かめるのでしょうね。

他にもこんな意見!声が多かったのはやっぱり…

04haha_03.jpg

「気持ちのこもった手紙がうれしかったですね」「初めての母の日にもらった手形付のカードが忘れられません」など、子どもたちからのメッセージが何よりと語るママが多かったです。中には、「小さな子どもの代わりに、夫が書いてくれた手紙に感動しました」といった声もありました。

今回、いろんなママたちのエピソードを聞かせてもらい、うれしいのはモノだけじゃないんだなと改めて感じました。やっぱり、ママにとっては家族からの感謝の気持ちが何よりのプレゼントなんですね!