HANDS DO for members

商品体験会(ハンズクラブメール会員限定)

vol.55
ウルクスト×東急ハンズ イタリアンレザーのコインカードケースをつくる

新担当の小松です。みなさん、どうぞよろしくお願いいたします!
今回の企画は、体験会のなかでも人気の高い、.URUKUSTとコラボしたコインカードケースをつくるワークショップです。ご参加のみなさんとレザークラフトを通して、楽しい時間を過ごすことができました。その様子をレポートします!


イタリアンレザーのコインカードケースをつくりました。

ホックつけ、穴あけ~ダブルステッチによる縫い、コバ磨きと、レザークラフトの基本となる工程を行いました。

今回の先生は…

「つくる」をコンセプトに革小物の製作キットを展開しているブランド『.URUKUST』の 土平恭栄(つちひらやすえ)さん。いつも優しく丁寧に教えてくれます。

渋谷ヒカリエ・MOVが会場です。土平先生のほか、各テーブルに一人ずつ講師の方がついてくれます。

渋谷ヒカリエ・MOVが会場です。土平先生のほか、各テーブルに一人ずつ講師の方がついてくれます。

まずは、内側になる部分などのコバ磨きから。専用のヘラや、目打ちの根元を使い、トコノールで磨くと、 コバにつやが出てきます。コツは、力を入れてギュッギュッと磨くのではなく、摩擦で何回も磨くことです!

まずは、内側になる部分などのコバ磨きから。専用のヘラや、目打ちの根元を使い、トコノールで磨くと、コバにつやが出てきます。コツは、力を入れてギュッギュッと磨くのではなく、摩擦で何回も磨くことです!

コバ磨きの時間に、土平先生がレザーの興味深い話をしてくれました。 なるほど!がたくさんのお話。ご参加の方だけの特典ですね。

コバ磨きの時間に、土平先生がレザーの興味深い話をしてくれました。なるほど!がたくさんのお話。ご参加の方だけの特典ですね。

革に銀ペンで印を付けています。手芸で言えばチャコペンみたいなモノです。

革に銀ペンで印を付けています。手芸で言えばチャコペンみたいなモノです。

次はホックつけ。垂直に打ち込むのがポイントです。力加減で苦労されてる方もいらっしゃいました。軽すぎず、強すぎず・・・。

次はホックつけ。垂直に打ち込むのがポイントです。力加減で苦労されてる方もいらっしゃいました。軽すぎず、強すぎず・・・。

折りこむ部分のクセをつけます。手で折り曲げた後、木槌で念押し。

折りこむ部分のクセをつけます。手で折り曲げた後、木槌で念押し。

縫い代にゴムのりを付けて貼り合わせます。それらしい形になって来ました!

縫い代にゴムのりを付けて貼り合わせます。それらしい形になって来ました!

4本菱目打ちと木槌で縫い穴を開けます。こちらも垂直に打ち込まないと、表と裏とで穴位置がズレてしまいます。

4本菱目打ちと木槌で縫い穴を開けます。こちらも垂直に打ち込まないと、表と裏とで穴位置がズレてしまいます。

いよいよ縫い合わせです。1本の糸の両端に針をつけて、縫い穴の左右から同時に刺して縫う、ダブルステッチという方法です。

いよいよ縫い合わせです。1本の糸の両端に針をつけて、縫い穴の左右から同時に刺して縫う、ダブルステッチという方法です。

仕上げのコバ磨きの後、革ひもを付けて完成です!

仕上げのコバ磨きの後、革ひもを付けて完成です!

最後に恒例の記念撮影。
ご参加のみなさん、ありがとうございました!

 

15041211.jpg15041212.jpg

参加者のみなさんから、ご感想をいただきました。

■初めてでしたが、とても楽しめました。次はバッグに挑戦したいです。
■ひとつひとつ丁寧に教えてくださり、つまづく事なく仕上げることができました。
■世界でひとつだけのコインカードケースが出来ました。新鮮な体験でした。

体験会に参加するには

体験会(ハンズクラブ会員限定)の募集はメールマガジン及びハンズアプリからのお知らせで配信しています。

※既にハンズクラブカードをお持ちの方でもメールマガジンの配信設定が必要です。