HANDS DO for members

商品体験会(ハンズクラブメール会員限定)

vol.40
東急ハンズ×ウルクスト イタリアンレザーのスマートフォンケースをつくる

担当の齋藤です。東急ハンズの体験会の中でも人気の.URUKUSTとのコラボレーション企画、「イタリアンレザーのスマートフォンケースをつくる」。東京・大阪で開催し、今回もたくさんのステキな作品が完成しました。どんな様子だったのでしょうか?さっそく見ていきましょう!

前回の様子はこちら▼

今回の体験会では下記のプログラムを実施しました。
たくさんのご応募、ありがとうございました。

イタリアンレザーを使ってスマートフォンケースをつくりました。

コバ磨き、穴あけ、ダブルステッチによる縫い、カシメつけなどレザークラフトの基本を体験。

コバ磨き、穴あけ、ダブルステッチによる縫い、カシメつけなどレザークラフトの基本を体験。

今回の先生は…

「.URUKUST」の土平先生。今回も、丁寧に教えてくれました!

「.URUKUST」の土平先生。今回も、丁寧に教えてくれました!

アシスタントをしていただいたのは、左から大澤さん、岡田さん(東京会場)、安藤さん(大阪会場)。

アシスタントをしていただいたのは、左から大澤さん、岡田さん(東京会場)、安藤さん(大阪会場)。

今回つくるスマートフォンケースがこちら。ストラップの長さは自由に変えて、使いやすいようにカスタマイズできます。さらに縫い糸の色を変えたり、ポンチで革を抜いてアクセントをつけたりと、自分好みに仕上げることができます!

今回つくるスマートフォンケースがこちら。ストラップの長さは自由に変えて、使いやすいようにカスタマイズできます。さらに縫い糸の色を変えたり、ポンチで革を抜いてアクセントをつけたりと、自分好みに仕上げることができます!

最初にハートや涙の形のポンチで革を抜いて、アクセントをつけます。ノートに下書きをして、じっくりとデザインする方も。どんな作品になるのか楽しみです。

最初にハートや涙の形のポンチで革を抜いて、アクセントをつけます。ノートに下書きをして、じっくりとデザインする方も。どんな作品になるのか楽しみです。

本体用の2つのパーツと帯のパーツにゴムのりをつけて、接着。ちょっとわかりづらいですが、裏側には東急ハンズ×.URUKUSTのコラボロゴが入っている限定のケースなんです。

本体用の2つのパーツと帯のパーツにゴムのりをつけて、接着。ちょっとわかりづらいですが、裏側には東急ハンズ×.URUKUSTのコラボロゴが入っている限定のケースなんです。

接着すると、立体的に。先ほど下書きしていた方のスマートフォンケースが、こちら。下書き通りのハートと星のデザインが、とってもいい感じ。

接着すると、立体的に。先ほど下書きしていた方のスマートフォンケースが、こちら。下書き通りのハートと星のデザインが、とってもいい感じ。

縫い穴を開けたら、ちょっと休憩。こちらは、土平先生のテーブルの一コマ。
「タンニンなめしとクロームなめしの違いって!?」
「革は、国産の方がいいの!?」
など、たくさんの質問が。土平先生も熱く、楽しそうに語ってくれました!

縫い穴を開けたら、ちょっと休憩。こちらは、土平先生のテーブルの一コマ。「タンニンなめしとクロームなめしの違いって!?」「革は、国産の方がいいの!?」など、たくさんの質問が。土平先生も熱く、楽しそうに語ってくれました!

後半戦は接着した革をダブルステッチという方法で縫います。みなさん最初は、糸に針をつけるのに苦戦している様子。岡田さんによると、縫い方を覚えるとレザークラフトの幅がぐっと広がるとのこと!

後半戦は接着した革をダブルステッチという方法で縫います。みなさん最初は、糸に針をつけるのに苦戦している様子。岡田さんによると、縫い方を覚えるとレザークラフトの幅がぐっと広がるとのこと!

糸の両端に針をつけて、縫い穴に2本の針を同時に通して縫っていきます。小さい縫い穴の場合は片方の針を完全に通してから、もう片方の針を通す、といった縫い方がポイント。基本が分かったら作品に合わせて、縫い方を変えてみてください。

糸の両端に針をつけて、縫い穴に2本の針を同時に通して縫っていきます。小さい縫い穴の場合は片方の針を完全に通してから、もう片方の針を通す、といった縫い方がポイント。基本が分かったら作品に合わせて、縫い方を変えてみてください。

ストラップの長さは重要なポイント。大澤さんのおすすめは、短めにしてバッグにつける使い方。ICカードを入れるポケットもあるので、電車の乗り降りのときに便利です!

ストラップの長さは重要なポイント。大澤さんのおすすめは、短めにしてバッグにつける使い方。ICカードを入れるポケットもあるので、電車の乗り降りのときに便利です!

最後は重要な工程、コバ磨き。断面の部分を、トコノールで磨いていきます。 仕上げはじっくり、丁寧に・・・。

最後は重要な工程、コバ磨き。断面の部分を、トコノールで磨いていきます。仕上げはじっくり、丁寧に・・・。

みなさんに作品を見せてもらいました!腰から下げたり首からかけたりと、みなさんの使い方に合わせたステキなスマートフォンケースがたくさんできました。

みなさんに作品を見せてもらいました!腰から下げたり首からかけたりと、みなさんの使い方に合わせたステキなスマートフォンケースがたくさんできました。

最後に恒例の、記念撮影。東京・大阪の両会場で、たくさんの方にご参加いただきました!本当にありがとうございました!
01uru140624_013.jpg

参加者のみなさんから、こんなご感想をいただきました。

・ステキなスマートフォンケースができました!
・初めてのレザークラフトでしたが、とても楽しかったです。
・満足のいく作品ができました。これをきっかけにレザークラフトにはまりそうです!

貴重なご意見、ありがとうございました!

体験会に参加するには

体験会(ハンズクラブ会員限定)の募集はメールマガジン及びハンズアプリからのお知らせで配信しています。

※既にハンズクラブカードをお持ちの方でもメールマガジンの配信設定が必要です。