HANDS DO for members

商品体験会(ハンズクラブメール会員限定)

vol.16
東急ハンズ×ぼくりゅう亭 流木と特製粘土でつくるこだわりのフォトフレーム

担当の齋藤です。今回は「流木」を使ったワークショップ!アルプスの清流に磨かれた流木の独特の風合いは、インテリアやガーデニングにぴったり。今回はそんな流木を、特製の粘土を使ってフォトフレームに仕上げます。さっそく、見ていきましょう!

今回の体験会では下記のプログラムを実施しました。
たくさんのご応募、ありがとうございました。

流木と特製粘土を使って、フォトフレームづくり!

今回の先生は…

ぼくりゅう亭の、平野先生。なんでも粘土でつくってくれます。

ぼくりゅう亭の、平野先生。なんでも粘土でつくってくれます。

さあまずは、フレームに使う流木を選びます。自然の素材そのままなので形や大きさも様々です。まっすぐな流木や曲がって味のある流木も。どんな素材を選ぶか、悩みどころですね。

さあまずは、フレームに使う流木を選びます。自然の素材そのままなので形や大きさも様々です。まっすぐな流木や曲がって味のある流木も。どんな素材を選ぶか、悩みどころですね。

実際に合わせてみます。上の木が曲がっていてちょっと合わないかな?

実際に合わせてみます。上の木が曲がっていてちょっと合わないかな?

合わせる面がでこぼこだと外れやすいので、のこぎりを使って断面を整えていきます。

合わせる面がでこぼこだと外れやすいので、のこぎりを使って断面を整えていきます。

仕上げにやすりを使って表面をつるつるに!お父さん、ちょっと心配そうですが、しっかりキレイにできました。さあこれで準備完了!

仕上げにやすりを使って表面をつるつるに!お父さん、ちょっと心配そうですが、しっかりキレイにできました。さあこれで準備完了!

タッカーという、大きいホッチキスを使って流木をとめていきます。4隅をしっかりとめましょう。これ、けっこう力がいるんです、がんばって!

タッカーという、大きいホッチキスを使って流木をとめていきます。4隅をしっかりとめましょう。これ、けっこう力がいるんです、がんばって!

フレームができたら粘土でデコレーション。今回の粘土、絵の具を使って色づけができ、とってものびるので加工もラクラクです。

フレームができたら粘土でデコレーション。今回の粘土、絵の具を使って色づけができ、とってものびるので加工もラクラクです。

こちらでは粘土を白と黒に色づけして、パンダをつくっています。お腹のぽっこりした感じや、顔の輪郭が意外とむずかしい…。

こちらでは粘土を白と黒に色づけして、パンダをつくっています。お腹のぽっこりした感じや、顔の輪郭が意外とむずかしい…。

みなさんがつくった小物がこちら!お花やパンダ、人気のキャラクターなど、とっても上手につくれました。

みなさんがつくった小物がこちら!お花やパンダ、人気のキャラクターなど、とっても上手につくれました。

小物ができたら、流木をデコレーションしていきます。木工用ボンドを使ってペタペタ。楽しそうにくっつけていますね~。

小物ができたら、流木をデコレーションしていきます。木工用ボンドを使ってペタペタ。楽しそうにくっつけていますね~。

完成した作品がこちら!大人もお子様も、ワイワイととっても楽しい体験会になりました。写真はご自宅で貼って、大事に飾ってくださいね。
今回のレポートはここまで~。次回はテレビでもおなじみの 農学博士、松延康先生の理科実験をレポート予定。お楽しみに!

完成した作品がこちら!大人もお子様も、ワイワイととっても楽しい体験会になりました。写真はご自宅で貼って、大事に飾ってくださいね。今回のレポートはここまで~。次回はテレビでもおなじみの農学博士、松延康先生の理科実験をレポート予定。お楽しみに!

みなさんの作品がこちら。すべて紹介できないので残念ですが、オリジナリティあふれるステキなフォトフレームができました。
0-boku_syu.JPG

参加者のみなさんから、こんなご感想をいただきました。

・細かいところまで教えてもらい、楽しかった。
・大人も子供もいっしょに楽しめたのでよかったです。
・普段使わない流木や粘土の使い方がわかりました!

貴重なご意見、ありがとうございました!

体験会に参加するには

体験会(ハンズクラブ会員限定)の募集はメールマガジン及びハンズアプリからのお知らせで配信しています。

※既にハンズクラブカードをお持ちの方でもメールマガジンの配信設定が必要です。