HANDS DO for members

商品体験会(ハンズクラブメール会員限定)

vol.6
東急ハンズ×.URUKUST -イタリアンレザーのカメラポーチをつくる-

ハンズクラブカード メール会員様限定の商品体験会「HANDS DO for members」。今回は、“つくる”をコンセプトに革小物の制作キットを販売している「.URUKUST」とのコラボレーション企画。渋谷の新たなランドマークタワー、渋谷ヒカリエの8階「クリエイティブラウンジ MOV(モヴ)」にて.URUKUSTデザイナーの土平恭栄さんを講師に迎え、初心者から経験者まで楽しみながら学べる、レザークラフト体験会を開催しました。

今回のイベントでは、下記のプログラムを実施しました。
たくさんのご応募、ありがとうございました。

自分だけのオリジナルカメラポーチづくり

.URUKUST土平先生の指導のもと、革製のオリジナルカメラポーチをつくりました。
①革をカットする。
②ホックやカシメを付ける。
③コバ磨きをする。
④手縫いで両端を縫い付ける。
⑤肩ひもを通して、完成。
製作したカメラポーチはお持ち帰りいただきました!

会場は、今年の春にオープンした渋谷駅直結の高層複合施設、渋谷ヒカリエ。その8階にあるワークスペース「クリエイティブラウンジ MOV(モヴ)」です。

会場は、今年の春にオープンした渋谷駅直結の高層複合施設、渋谷ヒカリエ。その8階にあるワークスペース「クリエイティブラウンジ MOV(モヴ)」です。

まずは最初の作業。カメラケースのふたの部分を好きな形にカットします。
最終的な見た目が決まる重要なポイントだけあってみなさん真剣です!

まずは最初の作業。カメラケースのふたの部分を好きな形にカットします。最終的な見た目が決まる重要なポイントだけあってみなさん真剣です!

次はホック(「かぎ」と「受け金」が一組みになったもの)を付けます。金具がつくと、グッとケースに近づきます。
指をたたかないように気をつけて!

次はホック(「かぎ」と「受け金」が一組みになったもの)を付けます。金具がつくと、グッとケースに近づきます。指をたたかないように気をつけて!

ホックをつけたら、次はコバ磨き!
コバとは革の切り口のこと。切り口が毛羽立ったりしないようにきれいに処理して、見た目もよくする作業がコバ磨きです。
根気のいる作業ですが、やればやるほど美しく仕上がります。
みなさん、集中してます。

ホックをつけたら、次はコバ磨き!コバとは革の切り口のこと。切り口が毛羽立ったりしないようにきれいに処理して、見た目もよくする作業がコバ磨きです。根気のいる作業ですが、やればやるほど美しく仕上がります。みなさん、集中してます。

ここで休憩の軽食タイム。サンドイッチとドリンクで一息入れます。
それぞれのデザインを見せ合って、和気あいあいと会話が盛り上がりました。

ここで休憩の軽食タイム。サンドイッチとドリンクで一息入れます。それぞれのデザインを見せ合って、和気あいあいと会話が盛り上がりました。

後半戦スタート!糸を6色の中から選び、ダブルステッチで手縫いで縫っていきます。
さあ、完成が見えてきました。

後半戦スタート!糸を6色の中から選び、ダブルステッチで手縫いで縫っていきます。さあ、完成が見えてきました。

カシメをつけて、ひもを通したら完成です!
すてきで個性的なカメラポーチがたくさんできました。

カシメをつけて、ひもを通したら完成です!すてきで個性的なカメラポーチがたくさんできました。

最後に皆さんで記念撮影。皆さん満足そうな表情です!

最後に皆さんで記念撮影。皆さん満足そうな表情です!

参加者の皆さんから、こんなご感想をいただきました!

・先生が親切に教えて下さって、初心者にもやさしい講座だったと思います。
・丁寧に教えていただいたおかげで、楽しくつくることができました。できたカメラポーチもかわいくて大満足です。
・レザークラフト自体も初挑戦でしたが、今後もやってみようと思いました。

貴重なご意見、ありがとうございました!

体験会に参加するには

体験会(ハンズクラブ会員限定)の募集はメールマガジン及びハンズアプリからのお知らせで配信しています。

※既にハンズクラブカードをお持ちの方でもメールマガジンの配信設定が必要です。