HANDS DO for members

商品体験会(ハンズクラブメール会員限定)

vol.64
ウルクスト×東急ハンズ イタリアンレザーのコインカードケースをつくる

梅雨、家にこもりがちなあなた!レザークラフトがオススメですよ。
今回の企画は、体験会のなかでも人気の高い、.URUKUSTとコラボしたコインカードケースをつくるワークショップです。ご参加のみなさんとレザークラフトを通して、楽しい時間を過ごすことができました。その様子をレポートします!
※レザークラフトの基本ツールは東急ハンズ新宿店・渋谷店・池袋店や梅田店・三宮店などで販売中です。 一部扱っていない店舗もございますので、お問い合わせのうえご来店ください。

「イタリアンレザーのコインカードケースをつくる」

ホックつけ、穴あけ、ダブルステッチによる縫い、コバ磨きとレザークラフトの基本となる工程を行ったほか、アルファベットの刻印でオリジナルアレンジにも挑戦してみました。

今回の先生は…

「つくる」をコンセプトに革小物の製作キットを展開しているブランド「.URUKUST」の 土平恭栄(つちひらやすえ)先生。

今回活躍する各種ツールたちです。

今回活躍する各種ツールたちです。

会場では横浜にあるウルクストさんのアトリエの様子なども紹介しました。

会場では横浜にあるウルクストさんのアトリエの様子なども紹介しました。

東京会場も大阪会場も5人1グループに一人先生がついて、それではスタートです!

東京会場も大阪会場も5人1グループに一人先生がついて、それではスタートです!

まずは革にアルファベットや記号の刻印をいれていきます。 どんな模様ができるかは、あとのお楽しみ!

まずは革にアルファベットや記号の刻印をいれていきます。どんな模様ができるかは、あとのお楽しみ!

刻印を打ち終わったら革の断面を磨くコバ磨きをします。 細かい部分ですが、完成したときの見た目が美しくなる大事な作業です。

刻印を打ち終わったら革の断面を磨くコバ磨きをします。細かい部分ですが、完成したときの見た目が美しくなる大事な作業です。

ホックをつけたら、次はいよいよ「縫い」の工程です。 先ずは革を重ねて、糸を通す穴を開けます。

ホックをつけたら、次はいよいよ「縫い」の工程です。先ずは革を重ねて、糸を通す穴を開けます。

そして、こんな風にひざに挟んで両手で縫っていきます。

そして、こんな風にひざに挟んで両手で縫っていきます。

ストラップを着けたら完成! こちらはハートを組み合わせてクローバー風に。

ストラップを着けたら完成!こちらはハートを組み合わせてクローバー風に。

アルファベットで文字を入れると、カッコ良さUP!

アルファベットで文字を入れると、カッコ良さUP!

こちらは縫いひものブルーが効いてますね! 以上、コインカードケースをつくる!でした。

こちらは縫いひものブルーが効いてますね!以上、コインカードケースをつくる!でした。

参加者のみなさんから、ご感想をいただきました。

■デザインがかわいくて、楽しくつくれました!
■全く初めてだったのですが、丁寧に教えていただき不安なくできました。
■道具をそろえるのは大変なので、こういった体験会ずっとやってください!

体験会に参加するには

体験会(ハンズクラブ会員限定)の募集はメールマガジン及びハンズアプリからのお知らせで配信しています。

※既にハンズクラブカードをお持ちの方でもメールマガジンの配信設定が必要です。