HANDS DO for members

商品体験会(ハンズクラブメール会員限定)

vol.59
ウルクスト×東急ハンズ イタリアンレザーのミニウォレットをつくる

こんにちは! 体験会担当の村上です。
今回は博多で開催したコチラのイベントをレポートします。


「イタリアンレザーのミニウォレットをつくる」

ホックつけ、穴あけ、ダブルステッチによる縫製、断面のコバ磨きなど、レザークラフトの基本となる工程を行い、ポケットサイズのミニウォレットをつくります。

今回の先生は、.URUKUST 土平先生

「つくる」をコンセプトに革小物の製作キットを展開しているブランド「.URUKUST」の 土平恭栄(つちひらやすえ)先生。HANDS DOで博多に来ていただくのは2度目です。

お天気に恵まれたイベント当日。 会場は博多駅からすぐの、福岡センタービルです。

お天気に恵まれたイベント当日。会場は博多駅からすぐの、福岡センタービルです。

窓からは東急ハンズ博多店も見える好立地!

窓からは東急ハンズ博多店も見える好立地!

さっそく製作開始。この3枚の革を組み合わせていきます。 ウルクスト様とハンズのロゴ入りです!

さっそく製作開始。この3枚の革を組み合わせていきます。ウルクスト様とハンズのロゴ入りです!

まずは革のへりをきれいに磨く「コバ磨き」。 地味な作業ですが、意外と没頭できる工程です。

まずは革のへりをきれいに磨く「コバ磨き」。地味な作業ですが、意外と没頭できる工程です。

これは専用の打ち台をつかってホックをつけているところ。

これは専用の打ち台をつかってホックをつけているところ。

中央のエプロンをつけて、ホック打ちのアドバイスしてくださっているのは土平先生のアシスタント。 今回のイベントもテーブルごとに土平先生やアシスタントの方がついてくださり、丁寧な指導が大好評でした。

中央のエプロンをつけて、ホック打ちのアドバイスしてくださっているのは土平先生のアシスタント。今回のイベントもテーブルごとに土平先生やアシスタントの方がついてくださり、丁寧な指導が大好評でした。

次はそれぞれの革をカシメで打ちつけていきます。 だんだん最終的な形が見えてきました。

次はそれぞれの革をカシメで打ちつけていきます。だんだん最終的な形が見えてきました。

そして、いよいよ糸と針で縫っていきます。 今回は糸の色も選べるのですが、完成の印象に大きく関わるところなので、みなさん熟慮されてました。 あとは形を整えて、ヒモを通す金具を付ければ・・・

そして、いよいよ糸と針で縫っていきます。今回は糸の色も選べるのですが、完成の印象に大きく関わるところなので、みなさん熟慮されてました。あとは形を整えて、ヒモを通す金具を付ければ・・・

完成です!

完成です!

これは閉じてみたところです。 さっそくカードやお札をいれてみる方もいらっしゃいました。 どれもすばらしい出来栄え! みなさま、お疲れ様でした。

これは閉じてみたところです。さっそくカードやお札をいれてみる方もいらっしゃいました。どれもすばらしい出来栄え!みなさま、お疲れ様でした。

最後に参加者のみなさんと先生で記念撮影(上:午前の部、下:午後の部)。

ご参加ありがとうございました!

 

0927am.JPG

 

 

0927pm.JPG

 

 

 

 

参加者のみなさんから、ご感想をいただきました。

■初めてで、出来上がるのか不安でしたが、何とか出来て嬉しいです。
■各テーブルにアシスタントの方が付いてくださって、細かい事もすぐにわかりました。
■革の製品がどのように手間がかかるのかわかって良かった。

体験会に参加するには

体験会(ハンズクラブ会員限定)の募集はメールマガジン及びハンズアプリからのお知らせで配信しています。

※既にハンズクラブカードをお持ちの方でもメールマガジンの配信設定が必要です。