HANDS DO for members

商品体験会(ハンズクラブメール会員限定)

vol.57
ウルクスト×東急ハンズ イタリアンレザーのミニショルダーバッグをつくる

みなさん、レザークラフト楽しんでいますか? 体験会担当の村上です。
本日レポートするイベントはこちら!


「イタリアンレザーのミニショルダーバッグをつくる」

渋谷と梅田の2ヶ所で開催。ホックつけ、穴あけ、ダブルステッチによる縫製、断面のコバ磨きなど、レザークラフトの基本となる工程を行い、長さ調節のできるショルダーバッグをつくりました。

今回の先生は、.URUKUST 土平先生

「つくる」をコンセプトに革小物の製作キットを展開しているブランド「.URUKUST」の 土平恭栄(つちひらやすえ)先生。今回も丁寧な指導で大好評でした。

今回つかった道具はコチラ。 体験会のレザークラフトイベントは道具をすべてお貸しするので手ぶらで参加OKです。

今回つかった道具はコチラ。体験会のレザークラフトイベントは道具をすべてお貸しするので手ぶらで参加OKです。

土平先生が登場してイベントスタート!

土平先生が登場してイベントスタート!

ヘリをぴかぴかに仕上げる「コバ磨き」が済んだら、

ヘリをぴかぴかに仕上げる「コバ磨き」が済んだら、

これはパーツを縫い付けるための穴を「菱目打ち」であけているところ。パーツは糸の他に「カシメ」などでもとめていきます。

これはパーツを縫い付けるための穴を「菱目打ち」であけているところ。パーツは糸の他に「カシメ」などでもとめていきます。

バッグのはじは「ダブルステッチ」という糸の両側に針を通して両手で縫う方法で縫っていきます。

バッグのはじは「ダブルステッチ」という糸の両側に針を通して両手で縫う方法で縫っていきます。

糸の色のチョイスは、完成品の印象に大きく関わるので悩みどころです。

糸の色のチョイスは、完成品の印象に大きく関わるので悩みどころです。

そして今回のポイント!土平先生が革の型や縫い方を工夫してくださり、縫っていくだけで底のマチ部分がきゅっとできあがります。

そして今回のポイント!土平先生が革の型や縫い方を工夫してくださり、縫っていくだけで底のマチ部分がきゅっとできあがります。

完成品がコチラ!

完成品がコチラ!

みなさん渾身の逸品ですね。

みなさん渾身の逸品ですね。

恒例の記念撮影。

上から6/7(日)開催【渋谷mov】午前・午後、6/14(日)開催【梅田ユーズツー】午前・午後のみなさんです。

ご参加ありがとうございました!

 

0607aIMG_0679.JPG

0607bIMG_0679.JPG

0614aIMG_0787.JPG

0614bIMG_0834.JPG

参加者のみなさんから、ご感想をいただきました。

■革の質が良くて、期待以上のものが出来上がりました。
■気さくな先生で、工程の一つ一つが楽しかったです。
■手づくり品は愛着がわきますね。大切に使います。

体験会に参加するには

体験会(ハンズクラブ会員限定)の募集はメールマガジン及びハンズアプリからのお知らせで配信しています。

※既にハンズクラブカードをお持ちの方でもメールマガジンの配信設定が必要です。