多様な人財が活きる組織風土

多様な働き方

2009

フレックスタイム制度導入トライアル

対象部署は順次拡大

2016

子の看護休暇・介護休暇の半日単位取得制度の導入

2017

配偶者出産休暇日数を3日から5日へ

育児短時間制度や子の看護休暇の取得要件の拡大

子どもが小学校6年生まで対象とする

介護休暇・子の看護休暇の取得日数

年間5日から8日へ(対象者が2人以上の場合は16日)

年間休日数の増加

バースデー休暇を新設

2018

フレックスタイム制度

本社全部署へ拡大

2019

働き方改革

時間単位年次休暇制度の導入

勤務間インターバル制度の導入

連続休暇(夏休み、冬休みなど)年2回取得を推奨

失効年次休暇積立制度の取得要件の拡大

要介護1以上の認定で取得可

テレワーク勤務制度の導入

2020

ハラスメント防止に関する規程の整備

子の看護休暇・介護休暇の時間単位取得制度の導入

2021

失効年次休暇積立制度の取得要件の拡大

人間ドックなど各種検診受診時

乳がん・子宮がん検診費用を全額補助

ダイバーシティ推進

当社ではさまざまな特性を持つ方が活躍をしています。
障がい者雇用は、現在2.63%と法定雇用率(2.3%)を達成。(2021年6月1日時点)
働き方として、店舗部門ではフロアでの店頭業務や商品管理業務、本社部門ではそれぞれの適性に合わせた事務業務を担っています。
また、店舗・本社での勤務が困難な方には農園での就労をサポートしています。
障がい者就労支援会社が運営する農園を活用した当社専用農園「ハンズファーム」では現在障がいを持った方が3名、シニア世代のスタッフが農場長として1名活躍しています。
「ハンズファーム」で収穫した無農薬野菜は、社内の福利厚生として配布しており新鮮で味も良いため従業員から好評をいただいています。

女性活躍推進

一人ひとりのライフスタイルを尊重しながら、家庭と仕事を両立する従業員も、その周囲の従業員も全員が笑顔で活躍できるよう様々な取り組みを行っています。
出産する女性従業員のほとんどが産前産後休暇・育児休業を取得し、復帰後も育児短時間制度や時間単位年次有給休暇などの制度を活用し、育児と仕事を両立しながら働いています。
管理職のうち女性の占める割合も年々増えており、2019年度時点では22.5%でしたが、2021年度時点では27.7%となっています。女性が活躍するには男性の協力が必要不可欠ということで、男性の育児休業・配偶者出産休暇 の取得促進にも力を入れています。

育児休暇・配偶者出産休暇 取得推移