このたびの平成28年熊本地震により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復旧を重ねて心よりお祈り申し上げます。

東急ハンズ

ソーシャルメディアの取り組みについて

株式会社東急ハンズは、インターネット上でのコミュニケーションや広報ツールとして、またお客様からのお問い合わせや接客の助けとして、twitterやfacebookをはじめとしたソーシャルメディアを活用しています。

東急ハンズのソーシャルメディアアカウントにおいては、以下に定める姿勢・行動や基本マナーを遵守し、運営するスタッフはこれを業務として遂行します。

ソーシャルメディアにおける情報発信についての自覚と責任

  • インターネットへの情報発信は不特定多数の利用者がアクセス可能であることを常に意識します。
  • 一人ひとりの情報発信が少なからぬ影響を持つことを十分に認識します。
  • 情報発信にあたっては、法令や東急ハンズが定めた内部規定を遵守します。
  • 社外のステークホルダーとコミュニケーションをはかることが、東急ハンズブランドの向上に多大な貢献をもたらすことを常に意識します。

ソーシャルメディア参加にあたっての心構え

  • 相手の発言に対し傾聴の姿勢を忘れないこと。
  • 経験を通じ、学ぶこと。また、その経験を広く社内外に共有し多くの個人やコミュニティの成長に貢献すること。
  • 情報発信や対応に責任をもち、誤解を与えないよう注意すること。
  • 個人情報を含む発言は控えること。
  • 一度公開した情報は、完全には削除できないことを理解すること。
  • 日常の業務における責務を果たすこと。

お客様及び利用者の皆さまへのご案内とお願い

  • ソーシャルメディアにおける東急ハンズ(スタッフ)からの情報発信のすべてが、必ずしも東急ハンズの公式見解を表しているものではありません。あらかじめご了承下さい。正式な発表につきましては、東急ハンズのWEBサイトおよびニュースリリースなどで情報発信しております。
  • ソーシャルメディア上の情報は発信時のものであり、その後変更されることがございますのでご注意下さい。
  • アカウントによって、対話の仕方(返答の仕方、対応時間など)は異なります。各アカウントの運用については、お手数ですが「ソーシャルメディア一覧」から各アカウントのプロフィールなどでご確認下さい。

※個人情報の保護についてはWEBサイト「個人情報保護ポリシー」のページをご参照下さい。