仕事とキャリアCAREER

一人前のヒント・スタッフになるまでのキャリアステップをご紹介します。

パートナー社員のキャリアアップ

STEP1入社

まずは導入研修で東急ハンズの基本について学びます。
研修は入社から10日後、3ヵ月後、1年後にも継続的に実施します。

STEP2フロアデビュー

先輩社員のフォローのもと、売場に出て、
お客様応対やレジ業務などのフロア業務に携わります。

STEP3商品担当決定

売場はある程度の商品群ごとにチームを構成し、チーム制で運営しています。担当の商品群が決定すると、その管理や陳列などに関わります。また、個別の商品勉強会(ヒント・ハウス研修)にも参加します。

STEP4売場づくり

お客様に魅力的な売場をつくるため、POPの作成や特集企画の考案などを行います。

STEP5後輩育成

新人のパートナー社員やアルバイトスタッフの育成・業務のマネジメントを行います。

STEP6正社員・売場のスペシャリストを目指す

一人ひとりの働きかたに合わせて、正社員や売場のスペシャリストを目指すことができます。

CASE STUDY / 正社員を目指す

自信を持って挑んだ、
正社員への道

蜂谷 圭祐Hachiya Keisuke

2007年パートナー社員として入社
2015年より正社員へ

東急ハンズ新宿店 キッチン担当

正社員を目指そうと考えたきっかけは何ですか?
年齢や私生活の変化などの影響もありましたが、一番は“接客コンテスト”で入賞したことですね。接客コンテストとは、全国の東急ハンズ社員(正社員・契約社員)が日頃の接客技術を競う大会です。私が参加した大会では、「父親が息子に送る就活バッグ」の提案からクロージングまでがテーマでした。惜しくも優勝は逃してしまいましたが、上位10名に選ばれ、シンガポールへの5日間の海外研修にも参加することができました。この大会を通じて、自分の接客が認められたことはとても嬉しかったですし、何より「パートナー社員としてできることはやり尽くした」という達成感を味わうことができました。
正社員とパートナー社員との違いはどこにありますか?
パートナー社員は担当商品群の売場づくりを担当し、正社員はフロアや店舗全体のヒト・モノ・コト、すべてのマネジメントをしています。イベントの企画やスケジューリング、スタッフの勤怠管理や指示出し、売上数字の管理などは、すべて正社員の仕事となるため、仕事の幅広さが大きく異なります。背負う責任も大きくなりますが、リーダーシップを発揮して、チーム全体を盛り上げながら店舗づくりができるのは、正社員の魅力だと思います。
ヒント・スタッフとして、接客で心掛けていることは何ですか?
明るさと元気の良さを大切にしています。お客様といかに打ち解け、笑い合えるかがポイントですね。よく自分の接客のことを“八百屋さん”のようだと例えていますが、アットホームでおもしろい接客の方が、お客様もハンズに来てよかった、さらに言えば、蜂谷に会えてよかったと思ってもらえるのではないかなと。接客コンテストに参加するまでは、この接客が本当にいいのか半信半疑でしたが、結果が出て自信がつきました。
今後の目標について教えて下さい。
フロアや店舗全体への影響力や発言力を高めていきながら、ヒトと店舗のマネジメントについて学びたいと考えています。また、パートナー社員時代には、自主MDやヒント・ステージの立ち上げなどの経験も豊富にあるので、そのノウハウを後輩へ伝えていくことも目標の一つですね。

ヒント・スタッフへの応募はこちらから