thank you 40th
TOPページ

レジンや樹脂粘土で
おしゃれな
アクセサリーを
つくりたい

樹脂粘土で本物のお菓子のようなストラップづくりがしたい、という応募をいただきました。普段から学校の美術の授業で絵を描いたり、消しゴムハンコをつくったりするのが好きなのだそう。樹脂粘土を使った工作はまだしたことがなく、初めてなのでやってみたい、ということでハンズの得意分野である手づくりワークショップでお手伝いしました。

私が手を貸しました。東急ハンズ 高瀬達郎
私が手を貸しました。東急ハンズ  石黒一華

今回、ご要望にお応えして、樹脂粘土とレジンでつくる「マシュマロチャームづくり」のワークショップにご招待しました。

まずは、マシュマロ部分になる白い樹脂粘土に、カラーの樹脂粘土を少しずつ混ぜて、色をつけます。

色が均等になるように、よく練りこんでください。

色がついたら、それぞれ2cmくらいのお団子に分けて、棒状にします。

本物のマシュマロみたいな、淡いピンクとイエロー、白の3色がきれいですね。

棒が16本できあがったら、4本ずつ並べてひとつの固まりに。

並べた固まりを、粘土どうしのすき間がなくなるようにおします。
定規を使って固めるときれいな形になりますよ。

形が崩れないように少しずつ、何度も回しながら…。とても丁寧ですね。

すき間が埋まったら、テグスを使って、輪切りにします。
くずれてしまうので、ここはゆっくり慎重に。

輪切りにしたら、表面をきれいにして、マシュマロの完成です。

続いて、フィルムにたらしたレジンに、着色剤を混ぜて好きな色をつくります。

グミの色は爽やかなブルーにしました。レジンが固まるまで、ひと休み。

ビニールに入った粘土をしぼって、ホイップクリームをつくります。
これはちょっとむずかしいかな。

クリームの粘土が固まる前に、ブルーのグミをのせて。

はい、できあがり。

粘土が固まってから、チェーンをつけて完成です。
色合いがきれいですね。

今日つくったマシュマロチャームは、バッグにつけてみたいとのこと。

お土産に、樹脂粘土やデコレーショングッズをお渡ししました。
おうちでもつくってみてください。

ハンズの手貸しました。