thank you 40th
TOPページ

山崎まさよし×東急ハンズ
LIVE & INTERVIEW

実はDIYが大好きという山崎まさよしさんに、40周年記念のオリジナルソングをつくっていただきました。
曲名は「Take Me to HANDS」。11月3日(木・祝)に放送された
「J-WAVE SPECIAL TOKYO HANDS CREATIVE LIFE & MUSIC」@ハンズエキスポカフェで
初披露されたインストアライブと、
レコーディング時に実施されたインタビューの様子をお楽しみください。

LIVE

INTERVIEW

DIYが好きになったのはここ5年くらい

最初、ふつうのギタースタンドを使っていたんですけど、震災の時に、家に帰ったらギターが倒れていたんです。それで、壁に立てかけられるようにしたくて、自分でギターラックをつくったのが初めてのDIYですね。その時からハマりはじめて、工具を集めて、ノミとかも5種類くらい集めたりして。

これ、お金とれるんちゃう?

最初につくったギターラックが最高傑作で、いまだにそれを越えられないんですけど、奥さんからのオーダーで、台所の棚とか、包丁を挿すスタンドとか、調味料を置く小さいラックとかもつくってます。「これ、お金とれるんちゃう?」と言ってもらえるくらいに満足してもらっていますね。

ハンズを好きになったきっかけ

昔、無垢材の一枚板を知人からもらいまして。それを机にしたくて、脚を探しに渋谷のハンズに行ったんです。木材のコーナーをのぞいたら、ちょうど脚にぴったりの「くの字」型の無垢材を発見しました。でも、売り物じゃなかったんですよね。ところが、その非売品を売っていただいて、いまだに使っています。その節はお世話になりました。

曲にこめた想い

僕にとってハンズは、そこに連れてってもらったら、すごく嬉しいところ。そういう気持ちですね。ワクワクするんですよ。面白い商品がいっぱいあるし、意味もなく鉄球を買ってしまったりとか(笑)。なんでしょうね・・・。大好きですよ。はい。そういう気持ちでつくらせていただきました。

お気に入りのハンズ商品

「超電水クリーンシュ!シュ!」ですね。腕時計をキレイにしたり、トイレ掃除をしたり、たまに息子にかけたり(笑)。大丈夫ですよね?無害な水ですもんね。

直近の活動

12月からライブハウス弾き語りツアーに出ます。それまでは、この曲も含めて地道に制作中です。それが終われば、またDIYにも精を出したいなと思っています。

■山崎まさよし(Yamazaki Masayoshi)

1995年に「月明かりに照らされて」でデビュー。
1997年公開の主演映画『月とキャベツ』の主題歌「One more time, One more chance」がロングヒットし、ブレイク。
精力的な全国ツアーを行ってきたほか、全国各地のフェス・イベントへの出演、ミュージシャンとしてのセッション参加なども数多く、音楽ファンのみならず多方面から支持を得ている。
2012年12月からスタートした、“種を蒔く人”を意味するツアー「SEED FOLKS」。これまで訪れたことのない町にも足を運び、全国各地で音楽の種を届けている山崎まさよし。お客さんと共に育んできた花の数々をまとめたアルバム「FLOWERS」(2013年9月18日リリース)を連れて、この先も音楽の種を蒔く旅は続いていく。2014年9月25日より、デビュー20周年目に突入。これからも様々な場面で躍動する姿から目が離せない。